生命誕生の場は深海か?熱水噴出孔周囲で電流発生を確認、複雑な有機物やDNAも合成?

熱水噴出孔が最初の生命誕生の場か?


 地球上の最初の生命はどこで誕生したのだろうか?


 それは難しいテーマだ。約40億年前の「地球生命の起源」では以下のようなプロセスが大筋で受け入れられている。原始地球ではメタン、硫化水素、アンモニア、水素などの還元的物質が豊富に存在し、それらが高温・高圧下で反応して生体分子がつくられ、鉱物表面で重合して高分子化し、紫外線が遮断された環境で細胞化したと考えられている。


 1953年、米国のミラーは原始地球大気を模倣した還元的ガス混合物(水素、メタン、アンモニア、水蒸気)中で放電しながら反応ガスを何回も循環し、種々のアミノ酸を生成した。以来、いろいろなガス・液体条件やエネルギー源(放電、紫外線、放射線、高速中性子、熱など)を用いて、多種多様な
低分子の生体分子が非生物的につくられた。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 海洋開発機構: 深海熱水系は天然の発電所

深海、もうひとつの宇宙――しんかい6500が見た生命誕生の現場
クリエーター情報なし
岩波書店
Newton 生命誕生の謎
クリエーター情報なし
株式会社ニュートンプレス

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-05-16(Tue)
 

北海道産ジャガイモ不足で、ポテトチップス販売休止相次ぐ!米国のTPP離脱でアイダボ産ポテトに輸入障壁

ジャガイモ不足で菓子メーカー、ポテチ販売休止


 北海道を昨夏襲った台風や大雨でジャガイモが不作となり、ポテトチップスは一部商品が販売休止に追い込まれるなど、食卓に影響が広がっている。海外産ジャガイモは輸入が厳しく規制されているほか、今年の作付けに使われる種イモも大雨の被害を受けており、ポテチの品薄はしばらく続きそうだ。


 国内のジャガイモの8割を生産する北海道は昨夏、相次ぐ台風の上陸や記録的な大雨に見舞われた。畑が水没するなどの被害に遭い、昨年の道産ジャガイモの出荷量は前年比1割減の152万6000トンだった。


 ジャガイモ不足により、菓子メーカーはポテトチップスの販売休止に追い込まれている。カルビーは「ピザポテト」など33商品の販売を休止または終了。16商品の販売を休止・終了した湖池屋は「販売再開のめどはたっていない」(広報)としている。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 THE WALLSTREET JOURNAL: 日本のポテトパニック、米国産の輸入拡大を

カルビー ポテトチップス うすしお味 60g × 12袋
クリエーター情報なし
カルビー
【送料当社負担】 新じゃがいも 平成29年収穫 (きたあかり 男爵 メークイン とうや 4品種 各3kg )計12kg 北海道十勝産 減農薬栽培 ジャガイモ じゃが芋 ジャガ芋
クリエーター情報なし
十勝 森田農園

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-05-15(Mon)
 

潮干狩りがピンチ!全国的にアサリの漁獲量が激減、原因はウミグモや台風、貝毒や地球温暖化

 ゴールデンウィークの楽しみの1つ


 ゴールデンウィークはいかがお過ごしか?この時期のレジャーの一つ、潮干狩り。熊手と網を手に、海辺でアサリ探しに夢中になった思い出のある方も多いかもしれない。


 アサリの漁獲量を誇る愛知県や静岡県では、シーズンが到来したにもかかわらず、ことしは各地で潮干狩り場がオープンできない事態が起きている。原因は、アサリがとれないから。なぜ、アサリは姿を消したのだろうか?


 また、大阪湾では春先からアサリやシジミの「貝毒」が発生。毒が蓄積した貝を食べると最悪の場合、死に至るケースもあるという。潮干狩り場では安全な持ち帰り用の貝を準備しているが、淀川下流などの“隠れスポット”で無料で貝採りに興じる人も多く、大阪府などが注意を呼びかけている。いったい何がおきたのだろうか?



 

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 NHK news: 潮干狩りがピンチ...アサリに異変


貝毒の謎―食の安全と安心
クリエーター情報なし
成山堂書店
潮干狩りの疑問77 (みんなが知りたいシリーズ)
クリエーター情報なし
成山堂書店

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-05-14(Sun)
 

「分子の車」フランスで世界初のレース!生物体内は分子マシンでいっぱい可能性は無限大

 「分子の車」フランスで世界初のレース


 物質のもとになる分子を組み合わせてできた、大きさが100万分の1ミリという「分子の車」による世界でも初めてのレースが、日本時間の4月28日夜からフランスで開かれ、日本やアメリカなどから合わせて6チームが出場した。


 分子を組み合わせて機械的な動きをする極めて小さな物質を作る「分子機械」の分野は将来的にものづくりを根底から変える可能性があると注目され、今回のレースが研究発展の大きなきっかけになると期待されている。


 「分子の車」による世界でも初めてのレースは、日本時間の4月28日午後6時からフランス南部のトゥールーズにある国立の研究機関で開かれ、日本からは茨城県つくば市にある物質・材料研究機構のチームが出場した。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

NHK news: 世界最小のナノカーレース

人体の分子の驚異―身体のモーター・マシン・メッセージ
クリエーター情報なし
青土社
分子デバイスおよび分子マシン―ナノワールドへの誘い
クリエーター情報なし
エヌ・ティー・エス

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-05-13(Sat)
 

「空飛ぶ車」発売!電気自動車+電気飛行機+自動運転でスマート・スタイリッシュ・セフティー(3S)な運用を目指す

「空飛ぶ自動車」発売、課題は大衆化


 空飛ぶ自動車がいよいよ実現する。日本では土地が狭いので公道を走ったり、空を飛んだりすることはまだまだ先になるのだが、欧米のモデルをみるとずいぶんスマートで恰好よくなった。これなら乗ってみたいと思う。


 そう思うようになったのはやはり、電気自動車や電気飛行機、そして自動運転技術が進化したからだろう。ガソリンなどの化学燃料が主体だと、内燃機関や燃料自体の重さで重量が増してしまう。これが電気で動くとなると、モーターと電池だけで動くので軽くて済む。自動運転が進めば飛行機の免許も必要なく空を飛べるようになる。


 かつて ヘンリー・フォードは言った。「飛行機と車を組み合わせた乗り物は実現する。笑うかもしれないが、本当だ」。「私の言葉を覚えておけ」自動車の大量生産方式の生みの親だった彼は、1940年にこう予言した。自ら「空飛ぶ自動車」の開発に着手したものの、成功を見届けられないままこの世を去った。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 Newsweek: 「空飛ぶ車」いよいよ発売、課題は大衆化

SYMA X9 ドローン ラジコンカー 未来型フライングカー(空飛ぶ車) RCマルチコプター 小型 ラジコンヘリコプター 空陸両用 2.4GHz 6軸ジャイロ搭載で安定飛行 3D飛行 (ブラック) [並行輸入品]
クリエーター情報なし
SYMA
SYMA X9 ドローン ラジコンカー 未来型フライングカー(空飛ぶ車) RCマルチコプター 小型 ラジコンヘリコプター 空陸両用 2.4GHz 6軸ジャイロ搭載で安定飛行 3D飛行 (ホワイト) [並行輸入品]
クリエーター情報なし
SYMA

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-05-12(Fri)
 

プラスチック食べる虫を発見!ごみ問題も解決か?現状ではプラスチックの再利用が最優先

 プラスチックごみ問題


 世界で海洋汚染が深刻となっている。毎秒200キロのプラスチックごみが海洋投棄されている。国際NGO「グリーンピース」は25日、海洋汚染に関する報告書を発表した。世界のプラスチックごみ海洋投棄量を合計すると、毎秒200キロという膨大な数になる。毎年、800万トンものプラスチックごみが海へと捨てられている。


 現在、海洋には累計で5億〜50億トンのプラスチックごみが漂流している。この数には沈んだりビーチに打ち上げられたものは含まれていない。この膨大なプラスチックごみによって太平洋、大西洋、インド洋には計5カ所の巨大ごみの島が形成されている。こうした状況を改善するためには、ペットボトルの廃棄量を減らすこと、リサイクルシステムを構築することなどが必要だと報告書は提言している。


 これらのプラスチックごみのうち60%がインドから廃棄されたものであると言われている。また、インドではプラスチックごみの焼却による大気汚染が深刻な問題となっており、WHOの調べでは、インドは中国・アメリカを抜いて世界一の大気汚染国であることがわかっている。この影響を重く見た国家グリーン審判所は、2017年1月、インドの首都デリーでプラスチック製の容器・フォーク・ナイフ・ビニール袋などの使用を全面的に禁止する法律を公布している。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news: プラスチック食べる虫を発見、ごみ処理には疑問

プラスチックスープの海 北太平洋巨大ごみベルトは警告する
クリエーター情報なし
NHK出版
プラスチックごみは燃やしてよいのか―温暖化を進めるサーマルリサイクル
クリエーター情報なし
リサイクル文化社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-05-11(Thu)
 

超未熟児向け「人工子宮」の開発に成功!ヒツジ胎児が正常発育、羊水環境は発育に不可欠

 未熟児とは何か?


 未熟児(みじゅくじ)とは、早産などで出生時の体重が2500g未満の低出生体重児のことである。しかし、妊娠高血圧症候群による子宮内発育遅延の場合など、出生体重が小さくても在胎週数が長い場合、出生した児は「未熟」とはいえない。 「未熟」というためには呼吸機能、哺乳能力、神経学的所見など児に備わった生命機能が、胎外での生活に十分適応できるかどうかを評価すべきだからである。


  このため、現在は「未熟児」という用語は正式の医学用語としては用いられず、「早産児」「低出生体重児」などと区別してこれらの用語を組み合わせて用いている。心肺機能をはじめとする循環器系の疾患や口唇口蓋裂を伴っている場合も多く、これがもとで発育が遅れたり、言語の習得に障害となる場合があるので、未熟児センターや小児専門病院において継続的に加療を行うことが多い。


 無事に成長した未熟児の中でこれまで世界で最も小さかったのは、2004年にイリノイ州で260gで生まれた女の赤ちゃんである。また、世界で2番目、日本で最も小さかったのは、2006年10月に慶應義塾大学病院で、妊娠25週目に265gで生まれた女の赤ちゃんである。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 AFPBB News:超未熟児向け人工子宮、ヒツジ胎児が正常発育 米研究

子宮を温めれば「妊娠体質」になる!─あきらめない!不妊治療に行く前に読む本
クリエーター情報なし
自由国民社
最新版 女性の医学大全科―思春期 性成熟期 更年期 高齢期 女性の体の悩みや気になる病気の症状すべてがわかる (主婦の友新実用BOOKS Clinic)
クリエーター情報なし
主婦の友社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-05-10(Wed)
 

世界初の快挙!夢の分子“カーボンナノベルト”(カーボンナノチューブの基本構造)の合成に成功 名古屋大

 夢の実現にまた一歩前進


 カーボンナノチューブ(Carbon nanotube、略称CNT)というと夢の素材だ。炭素によって作られる六員環ネットワーク(グラフェンシート)が単層あるいは多層の同軸管状になった物質。細くなっても非常に丈夫で、伝導率も高いことからさまざまな分野で応用が期待されている。


 例えばコンピュータは小型化ならびに高性能化が求められ、コンピュータ内部にあるLSIの微細化が進んでいる。その微細化を進める上で大事なのが配線材料。現在使用している銅配線を多層カーボンナノチューブ配線に置き換えることで、コンピュータをはじめとするデジタル製品を支えるシステムLSIを進歩させることができる。


 また、構造によってバンド構造が変化し電気伝導率やバンドギャップなどが変わるため、シリコン以後の半導体の素材としても期待されている。半導体としてのCNTをトランジスタのチャンネルとして用いることで、高速スイッチング素子として用いられることが期待される。CNTはP型半導体的な極性を示す。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/

参考 科学技術振興機構: 夢の筒状炭素分子「カーボンナノベルト」の合成に成功

宇宙エレベーターの本: 実現したら未来はこうなる
クリエーター情報なし
アスペクト
NEDOレポート カーボンナノチューブのすべて
クリエーター情報なし
日刊工業新聞社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-05-09(Tue)
 

世界最長の2枚貝、奇妙な「エントツガイ」の驚くべき生態を初めて解明!口がないのに生きている?

 世界最長の二枚貝は何だろう?


 それはエントツガイ(Kuphus polythalamia)という貝である。エントツガイは黒くて長い、奇妙な生物だ。エントツガイは、フナクイムシ科に属する。フナクイムシは船の木を食い荒らすことで知られる二枚貝の仲間だが、なかでも特に大きく珍しいエントツガイの生態はほとんどわかっていなかった。


 今回、世界最長の二枚貝とされるこの生物の驚くべき生態を、科学者らが初めて解明、4月17日付け科学誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表した。


 国際研究チームがエントツガイを採取したのは、フィリピン沖の硫黄分の多い水域。この生物は泥に頭を突っ込んだような状態で暮らしており、棒状の殻だけが泥から姿をのぞかせている。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news: 奇妙な生物エントツガイの驚くべき生態

日本の貝〈2〉二枚貝・陸貝・イカ・タコほか (フィールドベスト図鑑)
クリエーター情報なし
学習研究社
新・付着生物研究法 主要な付着生物の種類査定
クリエーター情報なし
恒星社厚生閣

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-05-06(Sat)
 

太陽系からわずか40光年先に地球似の惑星を発見!望遠鏡で大気の有無や地球外生命の痕跡も分析

 宇宙に惑星は無数に存在する


 2017年2月22日(日本時間23日の午前3時)、NASAが突然行った緊急記者会見で、地球から約39光年(1光年は約9兆4600億キロ・メートル)先の宇宙で、生命を育む可能性がある7個の惑星が見つかったと発表された。この研究はベルギーやアメリカ、それにアフリカなどの研究者で作る国際共同研究チームがイギリスの科学雑誌、ネイチャーの電子版にも発表された。


 それによると、研究チームは太陽系から、およそ40光年離れた宇宙にある「TRAPPIST-1」と呼ばれる星の周りを、地球と似た大きさと質量を持った惑星が、少なくとも7つ回っていることを突き止めた。


 7つの惑星は、その質量や、「TRAPPIST-1」との距離などから、表面にもし水があれば、凍ることなく液体のままで存在できる可能性があるほか、うち6つは地球のように岩石などでできた固い表面を持っている可能性があるという。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 Naional Geographic news: 40光年先に地球似の惑星を発見、生命探しに最適

系外惑星の事典
クリエーター情報なし
朝倉書店
銀河系惑星学の挑戦 地球外生命の可能性をさぐる (NHK出版新書)
クリエーター情報なし
NHK出版

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-05-04(Thu)
 
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる