第59回ノーベル物理学賞 セグレとチェンバレン「反陽子の発見」そしてディラックの海

 反陽子の発見とポール・ディラック


 1928年に電子の相対論的な量子力学を記述する方程式としてポールディラックは、ディラック方程式を考案した。この方程式から導かれる電子の負エネルギー状態についていわゆる「ディラックの海」と呼ばれる解釈を提案した。


 この解釈では電子の電荷と符号が逆で大きさは同じ電荷を持ち、電子と同じ質量を持つ粒子(反粒子)の存在が予言される。ディラックは当初この予言された新粒子を陽子ではないかと考えたが、後に電子の反粒子である陽電子がアンダーソンにより1932年に実験的に発見された。


 1933年にポールディラックはエルヴィン・シュレーディンガーと共にノーベル物理学賞を受賞している。受賞理由は「原子の理論における新しい生産的な理論形式の発見」である。


 ディラックの予言した電子の反物質である陽電子が発見されたが、同様に陽子には反陽子、中性子には反中性子があることがわかっている。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 Wikipedia: オーウェン・チェンバレン エミリオ・セグレ

消えた反物質―素粒子物理が解く宇宙進化の謎 (ブルーバックス)
クリエーター情報なし
講談社
反物質―消えた反世界はいまどこに?究極の鏡の謎にせまる
クリエーター情報なし
シュプリンガー・フェアラーク東京

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-05-16(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り