再生医療に細胞分化の謎?臓器の芽を作製する画期的な培養手法確立!

 iPS細胞から再生医療への道のり


 iPS細胞の出現により、再生医療への応用が注目されているが、人類はまだ体外で臓器をつくることに成功していない。臓器の芽をつくり、体内に移植することで臓器はつくられる。


 今回、横浜市立大学では肝臓や膵臓などさまざまな器官を再生するための立体的な器官の芽(原基)をつくり出す、新たな培養手法を発見した。再生医療を進めるための画期的な技術として注目される。


 細胞は分裂すると 2、4、8、16、32と2の倍々で数が増えていく。そのまま集合しているだけでは単細胞生物が「群体」を形成しているにすぎない。それぞれの細胞が、神経になったり、心臓になったり臓器になったりする。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 サイエンスポータル: 臓器の芽を作製する画期的な培養手法確立

統合生命科学〈1〉細胞の分化 (新・生命科学ライブラリ)
クリエーター情報なし
サイエンス社
幹細胞の分化誘導と応用―ES細胞・iPS細胞・体性幹細胞研究最前線
クリエーター情報なし
エヌ・ティー・エス

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-05-10(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り