宇宙に何が存在するか?星間空間の有機分子の吸収線を多数発見

 宇宙空間に存在する有機分子


 星間物質は、気体の星間ガスと、固体の細かい塵である星間塵(宇宙塵)に分けられる。前者は主に水素やヘリウムなどの軽い気体、後者は珪素や炭素、鉄、マグネシウムなどから成る微粒子である。


 存在比でいうと星間ガスの方が多く、星間塵は星間物質全体の質量の1%程度と少ない。星間ガスの平均密度は、1立方センチあたり水素原子が一個から数個程度であり、これは超高度真空状態といえる。


 これらの星間物質が濃密に凝集して星雲・分子雲を形成することがあるが、大部分は可視光では観測不能で、光学望遠鏡や電波望遠鏡を用い、天体から発せられる赤外線や電波の放射によって電磁波のスペクトルを得ることができる。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

引用 Wikipedia: 赤外分光法 サイエンスポータル: 星間空間の有機分子の吸収線をを多数発見

近赤外分光法 (日本分光学会 測定法シリーズ)
クリエーター情報なし
学会出版センター
有機化学のためのスペクトル解析法-UV、IR、NMR、MSの解説と演習
クリエーター情報なし
化学同人

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-02-28(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる