1日に50万回も損傷するDNA!その修復異常が、糖尿病の一因になる?

 DNA分子の損傷


 DNA分子の損傷は1日1細胞あたり最大50万回程度発生することが知られており、その原因は、正常な代謝活動に伴うもの(DNAポリメラーゼによるDNA複製ミス)と環境要因によるもの(紫外線など)がある。それぞれに対応し、DNA修復には定常的に働いているものと、環境要因などによって誘起されるものがある。


 DNA修復速度の細胞の加齢に伴う低下や、環境要因のよるDNA分子の損傷増大によりDNA修復がDNA損傷の発生に追いつかなくなると、老化(細胞老化)と呼ばれる、不可逆な休眠状態に陥る、アポトーシスあるいはプログラム細胞死と呼ばれる、細胞の自殺が起こる、癌化する…のいずれかの運命をたどることになる。


 人体においては、ほとんどの細胞が細胞老化の状態に達するが、修復できないDNAの損傷が蓄積した細胞ではアポトーシスが起こる。この場合、アポトーシスは体内の細胞がDNAの損傷により癌化し、体全体が生命の危険にさらされるのを防ぐための「切り札」として機能している。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

引用 e-免疫.com: 毛細血管拡張性運動失調症 サイエンスポータル: DNA損傷修復の異常が糖尿病の一因

病気がみえる vol.3: 糖尿病・代謝・内分泌
クリエーター情報なし
メディックメディア
糖尿病を自力で治す最強療法 (カロリー制限も糖質制限も不要! 特製ポスター付き)
クリエーター情報なし
マキノ出版

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-02-24(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り