ヴェゲナーの大陸移動説から100年!大陸移動の原動力はマントル対流を実証

 大陸移動の原動力


 今年はドイツの気象学者、ウェゲナー(1880~1930年)が1915年に著書「大陸と海洋の起源」で「大陸移動説」を提唱して以来100年経つ。


 大陸移動説(Continental drift theory)は、大陸は地球表面上を移動してその位置や形状を変えるという学説。大陸漂移説ともいう。しかし、当時のアメリカの研究者達は否定的に評価した。当時知られていた物理学では、大陸移動をおこすような駆動力は説明ができなかったからだった。


 ウェーゲナー自身は地球上層部は花崗岩質のシアル(SiAl)層と玄武岩質のシマ(SiMa)層に分かれ、大陸地殻が氷山のようにシマ層の上に浮かんでいるようなモデルが想像した。ウェーゲナーは密度の小さいシアルからなる大陸地殻が、密度の高いシマ層の上を滑るように押し分けて進むイメージを考えた。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

引用 サイエンスポータル: 大陸移動の原動力はマントル対流を実証

地球の中心で何が起こっているのか地殻変動のダイナミズムと謎 (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎
科学ニュースがみるみるわかる最新キーワード800 過去5年間の記事をベースに未来予想をプラス (サイエンス・アイ新書)
クリエーター情報なし
SBクリエイティブ株式会社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-02-22(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り