2つの恒星合体で新たな巨大恒星誕生か?くっつきすぎる近接連星・接触連星

 夜空の星には連星が多い


 連星(binary star)というとは2つの恒星が両者の重心の周りを軌道運動している天体である。通常は明るい方の星を主星、暗い方を伴星と呼ぶ。


 夜空に輝いている星のうち約25%、生まれたばかりの星については半分以上が連星だといわれている。太陽は今は単独の星なのだが、昔はひょっとしたら連星だったかもしれない。


 それほど、宇宙には連星の方が多い。そういう中で異常に接近した連星がある、これを近接連星というが、なぜこのような連星ができたのかはよくわかっていない。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 National Geographic news: 2つの恒星合体で新たな巨大恒星誕生か

夜空と星の物語
クリエーター情報なし
パイインターナショナル
星・月・夜空の撮影術 (玄光社MOOK)
クリエーター情報なし
玄光社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-01-20(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り