国内で2例目!6歳未満臓器提供、家族の合意で心臓・肺・腎臓・肝臓移植

 臓器移植を待つ人、約1万3千人


 臓器移植は病気や事故によって臓器(心臓や肝臓など)が機能しなくなった方に、他の方の健康な臓器を移植して機能を回復させる医療だ。


 現在行われている移植医療には、大きく分けて臓器と組織の移植がある。臓器の提供は、亡くなった方からと生きている家族からの二つの方法がある。


 亡くなった方から提供を受ける臓器に、心臓、肝臓、肺、腎臓、膵臓(すいぞう)、小腸など がある。臓器提供は脳死下と心停止下の二通りがある。脳死でしか提供できないのは心臓、肝臓、 肺、膵臓、小腸など。心臓以外は心停止後でもできないことはないが、かなりむず かしい。腎臓や膵臓(膵島)、眼球は心停止後でも提供可能。だが、心停止後といっても事前に処置が必要だ。


 日本では、2009年に脳死移植を可能とする臓器移植法の改正が行われ、2010年7月17日以降は脳死移植は本人が提供拒否の意思を示していない限りは家族の同意が得られれば認められるようになった。これによって、日本国内で15歳未満のドナーの臓器移植を可能となった。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 日本移植者協議会: 臓器移植の現状 グリーンリボンキャンペーン: 臓器移植の基礎知識 NHKnews:6歳未満の女児脳死判定臓器提供へ

臓器移植体験者の立場から
クリエーター情報なし
中央公論新社
移植医療 臓器提供の真実 ―臓器提供では、強いられ急かされバラバラにされるのか―
クリエーター情報なし
文芸社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2014-12-01(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り