FC2ブログ

太陽活動が活性期に!24年ぶり、地球66個分の巨大黒点が出現中

 太陽に巨大黒点が出現中


 2014年10月下旬、太陽に巨大黒点が出現した。この黒点は10月16日に端から現れ、発達しながら自転によって移動し、30日まで見えていた。その後11月になって太陽の自転によって再び姿を現した。


 黒点群全体の面積は10月26日に最大地球約66個分となり、これは今の活動周期最大であるとともに、約24年ぶり(1990年11月18日以来)の大きさでもある。太陽観測衛星「ひので」が捉えた。


 太陽黒点(Sunspot)とは、太陽表面を観測した時に黒い点のように見える部分のこと。単に黒点とも呼ぶ。実際には完全な黒ではなく、この部分も光を放っているが、周囲よりも弱い光なので黒く見える。太陽黒点は、約9.5年から12年ほどの周期でに増減を繰り返している。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 国立天文台: 太陽観測所 巨大黒点の出現と磁場構造

太陽黒点と歴史の脈動 太陽黒点数約50年周期と気候・経済変動
クリエーター情報なし
文芸社
地学・天文 太陽グラス
クリエーター情報なし
アーテック

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2014-11-29(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
自然科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ お取り寄せ
グルメ食材 お取り寄せ