まるでブラックホール?光を吸収する、世界で最も「黒い」物質を開発!

 黒のイメージと科学的な意味


 黒は闇のイメージから、「悪」「死」「恐怖」「災禍」の意味を付加されることが多い。


 警察や司法では、犯罪者や有罪を「黒」と表現。薬物検査では、黒は陽性を意味する。悪事のための魔法を黒魔術という。警戒すべき者が記載された名簿はブラックリスト。背後で社会や業界などに強力な影響力を及ぼす人物を黒幕という。科学的にはそこに何の根拠もない。光と闇の対比を善と悪の対比でなぞらえているに過ぎない。


 では、科学的に黒とはどのようなものをいうのだろうか?色を光として見るとき、黒は、光がほとんどまったくない状態を意味する。例えばRGBにおいては、3色ともない状態である。従って、本来ブラウン管は黒として発色することはできないため、TV映像では他の色とのコントラストの調整によって人の目には強い黒として錯覚させている。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

CNN news: 世界一黒い物質、英企業が開発 WIRED:世界でもっとも黒い物質

ナノカーボンの科学―セレンディピティーから始まった大発見の物語 (ブルーバックス)
クリエーター情報なし
講談社
nature [Japan] June 26, 2014 Vol. 510 No. 7506 (単号)
クリエーター情報なし
ネイチャー・ジャパン

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please

関連記事
2014-07-28(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り