第53回ノーベル化学賞 ヘルマン・シュタウディンガー「鎖状高分子化合物の研究」

 高分子化合物の発見


 高分子化合物である、プラスチックは便利である。安くて、軽く柔らかい、可塑性があり様々な形になる。生分解性プラスチックという、微生物によって分解するものもつくられている。


 最近ではエンジニアリング・プラスチック (Engineering plastic) といって、特に強度に優れ、耐熱性のような特定の機能を強化してあるプラスチックも出現している。エンプラの多くは、家電製品内部の歯車や軸受けといった部品、家電に限らずカメラ、携帯電話、自動車などの外装にも、広く採用されている。


 こうした高分子化合物が発見されたのはいつごろだう?自然界における高分子化合物は、おもに有機高分子の生体物質である糖鎖、タンパク質、核酸などとして多種多様なものが見出される。高分子自体は有史以前より人類の営みのなかに存在していた。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 Wikipedia: エンジニアリングプラスチック ヘルマン・シュタウディンガー 高分子化学

ハイデッガー『存在と時間』註解 (ちくま学芸文庫)
クリエーター情報なし
筑摩書房
分子から材料まで どんどんつながる高分子 断片的な知識を整理する
クリエーター情報なし
丸善

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2014-07-06(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り