NASAのUFO型宇宙船?2030年代後半に有人火星探査を目指せ!

 2030年代後半に有人火星探査実現、日本の長期目標


 日本を今一度発展させたい。それには新たな科学技術の発展が欠かせない。中でも宇宙開発は重要だ。


 NASAでは人類を火星に送る計画が進められている。2030年代には火星で有人探査を実施する計画を立てている。火星は最も接近した時でも地球から約5,600万キロ離れており、地球から約38万キロの距離にある月へ向かうのとはわけが違う。科学技術の一段の進歩が期待できる。


 科学技術に対してなかなか明確な目標を示さない日本政府もようやく重い腰を上げた。有人火星探査を2030年代後半に実現する長期目標を掲げた。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2013年 07月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
日経ナショナルジオグラフィック社
人類を火星に!火星探査の時代―NASAの最重要ミッション (ニュートンムック Newton別冊)
クリエーター情報なし
ニュートンプレス

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2014-06-07(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り