太古の月、自転軸ずれていた!月の歴史を読み取る「かぐや」の成果

 月周回衛星「かぐや」


 月周回衛星「かぐや」は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2007年9月14日10時31分01秒(日本時間)に打ち上げた月探査機。この計画の主な目的は、月の起源と進化の解明のための科学データを取得することと、月周回軌道への投入や軌道姿勢制御技術の実証を行うことだった。


 「かぐや」は高度約100kmの極・円軌道を周回する主衛星と、より高い楕円軌道を周回する2機の子衛星(「おきな(リレー衛星)」・「おうな(VRAD(ブイラド)衛星))」から構成される。「かぐや」には14種類のミッション機器が搭載され、アポロ計画以来最大規模の本格的な月の探査を行ってきた。


 今回、九州大学と東京工業大の研究チームが、日本の月探査機「かぐや」のなどの観測データ解析から、地球と同じような大規模な磁場が存在し、自転軸も現在と数十度異なっていたことを明らかにした。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

引用元 Wikipedia:  JAXA: かぐやこれまでの成果 サイエンスポータル: 月の自転軸は約40億年前数十度ずれていた

月の科学―「かぐや」が拓く月探査
クリエーター情報なし
ベレ出版
NHKスペシャル 月と地球 46億年の物語 ~探査機かぐや 最新報告~ [DVD]
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2014-05-13(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り