第51回ノーベル物理学賞 コッククロフトとウォルトン「加速荷電粒子による原子核変換の研究」

 原子核が変化する3つの現象


 1951年のノーベル物理学賞は、英国の物理学者ジョン・コッククロフトとアイルランドの物理学者アーネスト・ウォルトンに贈られた。受賞理由は「加速荷電粒子による原子核変換の研究」である。


 1928年からジョン・コッククロフトはアーネスト・ウォルトンとともに陽子の加速実験を始めた。1932年リチウムに加速した陽子を衝突させて、原子核の変換に成功した。人工的に元素を別の元素に人工的に変換させた最初の実験であった。


 「原子核変換」とは原子の原子核に他の核子を高速で衝突させたりするなど、原子核に対してなんらかの働きかけを行うことで、異なる元素や異なる同位体に変換することをいう。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

引用元 デーリー東北新聞: 注目の核変換技術 Wikipedia: ジョン・コッククロフト アーネスト・ウォルトン

知っておきたい放射能の基礎知識 原子炉の種類や構造、α・β・γ線の違い、ヨウ素・セシウム・ストロンチウムまで (サイエンス・アイ新書)
クリエーター情報なし
ソフトバンククリエイティブ
改善されたエネルギー変換理論―工学と技術の“実”と“空”と“虚”
クリエーター情報なし
ビレッジプレス

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2014-05-10(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り