グラフェンで質量ゼロ電子を直接観察!運動速度は光速の1/300程度で非常に速い

 グラフェンで質量ゼロ電子を直接観察


 炭素原子が6角形の2次元シート状に連なるグラフェンには、質量ゼロの電子が存在する。この特異な電子状態を利用した光学デバイスの開発が世界中で関心を集めている。


 質量がないというのは非常に面白い。最近、素粒子に質量を与えたとされるヒッグス粒子が発見された。この電子は、ヒッグス粒子の作用を受けないということで、まさに量子の世界での理論だが、この仕組みを解明すれば、質量のないものを人類は創造できる可能性がある。


 今回、光照射直後の超高速の質量ゼロ電子を直接観察することに、東京大学物性研究所の松田巌准教授と東北大学電気通信研究所の吹留博一准教授らが成功した。光通信やレーザー発振などの光学グラフェンデバイスの設計に重要な役割を果たす成果と期待されている。4月21日付の米科学誌アプライド・フィジックス・レターズのオンライン版に発表した。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

引用元 Wikipedia: グラフェン サイエンスポータル:グラフェンで質量ゼロ電を直接観測 数研出版: グラフェンの性質とその応用 

グラフェンが拓く材料の新領域―物性・作製法から実用化まで
クリエーター情報なし
エヌ・ティー・エス
グラフェン・イノベーション 電子デバイスを変えるナノカーホン材料革命
クリエーター情報なし
日経BP社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2014-05-03(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り