第50回ノーベル生理学・医学賞 副腎皮質ホルモンの発見およびその構造と生物学的作用

 副腎皮質ホルモンとは何か?


 1950年のノーベル生理学・医学賞の受賞研究は「諸種の副腎皮質ホルモンの発見およびその構造と生物学的作用の発見」である。


 受賞者は米国の化学者、エドワード・カルビン・ケンダル(Edward Calvin Kendall)米国の医師、フィリップ・ショウォルター・ヘンチ(Philip Showalter Hench)ポーランドの化学者タデウス・ライヒスタイン(Tadeus Reichstein)の3人である。彼らは如何にして副腎皮質ホルモンを発見したのであろうか?


 副腎皮質ホルモン(Corticosteroid)とは、副腎皮質より産生されるホルモンの総称である。炎症の制御、炭水化物の代謝、タンパク質の異化、血液の電解質のレベル、免疫反応など広範囲の生理学系に深く関わっている。ストレス、侵襲などさまざまな影響によって分泌され、医薬品としても使用される。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

引用元 日外アソシエーツ:ノーベル賞受賞者業績辞典 Wikipedia:副腎皮質ホルモン エドワード・カルビン・ケンダル タデウシュ・ライヒスタイン フィリップ・ショウォルター・ヘンチ 

マンガでわかるホルモンの働き (サイエンス・アイ新書)
クリエーター情報なし
ソフトバンククリエイティブ
しつこい疲れは副腎疲労が原因だった ストレスに勝つホルモンのつくりかた (祥伝社黄金文庫)
クリエーター情報なし
祥伝社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2014-04-11(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り