砂塵が地球を潤す!サハラがアマゾンの森林を育て、黄砂が太平洋を豊かにする?

 サハラ砂漠とは?

 サハラ砂漠はアフリカ大陸北部にある世界最大の砂漠。東西5600km、南北1700kmで面積は約1000万km2であり、アフリカ大陸の3分の1近くを占める。


 サハラとは、元来アラビア語で「砂漠」「荒野」を意味する一般名詞だが、とくに北アフリカなどでは日常的にサハラ砂漠を指すことから、そのまま固有名詞としてヨーロッパの言語に定着した。アラビア語で明示的にサハラ砂漠を指すときには、「アッ=サハラーゥ・ル=クブラー」(最大なる砂漠)などと呼んでいる。


 サハラ一帯は、完新世(1万年前~現在)以降は湿潤と乾燥を繰り返して来た。およそ8000~5000年前までの期間は湿潤で、以来現在に至るまでは乾燥した気候が続いている。20世紀以降では、1915年頃以降降水量は増加したが、1920年代以降現在までは降水量は減少傾向にある。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/

参考HP Wikipedia サハラ 黄砂 日経サイエンス 地球を潤すサハラの砂塵


森が消えれば海も死ぬ 第2版 (ブルーバックス)
クリエーター情報なし
講談社
サハラ砂漠の砂 ガラス標本管入り
クリエーター情報なし
鉱物標本

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2012-09-12(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り