京大、120年来の謎だった水の界面で起こる「フェントン反応」の機構を解明

 フェントン反応とは何だろう?

 過酸化水素が、細胞中の鉄イオン(Fe2+)や銅イオン(Cu1+)などの触媒作用で、ヒドロキシルラジカル(HO・)に変化する反応である。


 二価鉄を触媒として過酸化水素からヒドロキシルラジカル(・OH)が発生する化学反応である。この反応名は,1894年にイギリスの化学者Fentonが,二価の鉄と過酸化水素の存在下で、酒石酸が酸化されジヒドロキシマレイン酸が生じることを報じた史実にちなんで付けられている。


 反応式は Fe2++H2O2 → Fe3++・OH+OH- である。


 この反応を利用する、フェントン試薬(Fenton's reagent)は、汚染物質や工業廃水の酸化に用いられる。また、トリクロロエチレン(TCE)やテトラクロロエチレン(PCE)などの有機化合物の分解に使うことも可能である。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2014-01-18(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り