第47回ノーベル化学賞 ロバート・ロビンソン「アルカロイドの研究」

 1947年ノーベル化学賞「アルカロイドの研究」

 1947年のノーベル化学賞はイギリスの科学者ロバート・ロビンソンに贈られた。受賞理由は「アルカロイド」の研究である。


 「アルカロイド」とは何だろうか?アルカロイド (Alkaloid) は窒素原子を含み、ほとんどの場合塩基性を示す天然由来の有機化合物の総称である。炭素、水素、窒素に加えて、アルカロイドには酸素や硫黄、その他稀に塩素、臭素、リンといった元素を含む。


 現在、「アルカロイド」には近似種を含め約数千種があるといわれている。その元祖と言われているのは、ドイツの薬剤師ゼルチュネルが1804年(1805年という記述もある)にアヘンから分離抽出したモルフィン、つまり「モルヒネ」であるとされている。多くのアルカロイドはモルヒネのように薬理作用もあるが、他の生物に対して有毒である。


 ロバート・ロビンソンが最初にあげた成果は、1917年に発表された「トロピノン」の全合成の報告であった。「トロピノン」(Tropinone)は、第一次世界大戦の際に毒ガス治療薬として不足した「アトロピン」の前駆体として有名な「アルカロイド」である。トロピノン、コカイン及びアトロピンは、全て同じトロパン骨格を持っている。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 ノーベル賞受賞者業績辞典(日外アソシエーツ) Wikipedia: ロバート・ロビンソン アルカロイド ストリキニーネ モルヒネ

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2014-01-12(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り