「一酸化炭素」を資源に?排ガスから分離・回収できる多孔性材料開発!

 有毒な一酸化炭素を取り除くには?

 一酸化炭素には、酸素の約250倍も血液中のヘモグロビンと結びつきやすい性質がある、有毒な気体だ。


 ヘモグロビンは、全身の細胞や組織に酸素を送り届ける役目をしているから、一酸化炭素を吸い込むと、酸素より先にどんどんヘモグロビンと結びついてしまい、ヘモグロビンが運ぶ酸素の量が減り、全身の細胞や組織が酸素不足におちいり、ついには窒息死する。


 一酸化炭素は、タバコの煙や自動車の排気中にも含まれている。また、いろいろなものが不完全燃焼をおこした際にも発生する。家庭では、これらの一酸化炭素を吸い込む中毒事故に注意が必要だ。


 これまで環境に存在する一酸化炭素は、白金触媒により空気中の酸素と化合させて二酸化炭素にするか、ゼオライトや活性炭など「多孔性物質」が用いられてきた。だが、これらの古くから用いられてきた材料は構造が単純なため、一酸化炭素だけ選択的に取り除くことはできなかった。



科学技術振興機構:一酸化炭素を高効率に分離回収する新素材開発

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

チャンピオンレコードをもつ金属錯体最前線―新しい機能性錯体の構築に向けて (化学フロンティア)
クリエーター情報なし
化学同人
暖房器具の不完全燃焼を検出 一酸化炭素警報機 防災アラーム 有毒ガスの検出 家族の安全を見張ります
クリエーター情報なし
AZ

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2013-12-22(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り