あれから放射性Cs-137はどうなった?地下10cm土壌中に移行したまま

 福島第一原発のセシウム137

 セシウム137(Cs-137)はセシウムの放射性同位体であり、質量数が137のものを指す。ウラン235などの核分裂によって生成する。


 あの2011年3月の福島第一原発事故によって環境中に放出された放射性Csは、福島県東部および近隣の森林域における褐色森林土の表面を覆う落葉層に広く沈着した。


 ここ関東地方でも、落ち葉に放射線が計測された。あれからセシウムはどうなっただろうか?


 日本原子力研究開発機構(JAEA)は10月29日、茨城県北部の褐色森林土の落葉広葉樹林において、2011年5月から2年以上に及ぶ継続した観測により、東京電力 福島第一原子力発電所の事故に由来する放射性セシウム(Cs)の落葉層から土壌への移動メカニズム、移動量およびそれらの時間変化をはじめて明らかにしたと発表した。



参考 マイナビニュース:放射性Csの土壌中に移動したその後を追う

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

理工系のための原子力の疑問62 なぜ世界は原子力発電に依存するのか? 再稼働をふまえ理解すべき科学的知識 (サイエンス・アイ新書)
クリエーター情報なし
SBクリエイティブ株式会社
ホットスポット ネットワークでつくる放射能汚染地図
クリエーター情報なし
講談社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2013-12-03(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り