第45回ノーベル化学賞 A・ヴィルタネン「農業化学と栄養化学における研究と発見」

 冬場の牧草保存法
 

酪農とは、牛や山羊などを飼育し、乳や乳製品を生産すること。酪農で大切なのが牧草である。夏場は自然に生えているが、冬場の牧草飼料はどうしているのだろうか?


 牧草は乾燥させた乾草として給与するか、発酵させた牧草を使う。かつては牧草を気密度の高い塔型サイロに入れて発酵させていた。現在では保存等のためにビニールで密封、乳酸発酵させてサイレージとして給与することが多い。


 こうした発酵の知識は、古くから伝わってきたものが多いが、これを科学的に分析して、適度な酸性の強さを発見し、新鮮な牧草の保存法「AIV法」を開発したのが、フィンランドの化学者アルトゥーリ・ヴィルタネン(Artturi Ilmari Virtanen)である。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 Wikipedia:飼料 サイレージ アルトゥーリ・ヴィルタネン えらべる倶楽部:酪農大地北海道を訪ねる 

発酵利用の自然養鶏
クリエーター情報なし
農山漁村文化協会
ハイセルバガス畜産―発酵バガスがルーメンを変える (民間農法シリーズ)
クリエーター情報なし
農山漁村文化協会

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2013-11-01(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り