2013年ノーベル化学賞は「理論化学」!化学反応のCPプログラム開発

 2013年ノーベル化学賞は理論化学

 ノーベル賞委員会は9日、2013年のノーベル化学賞をMartin Karplus(マーティン・カープラス、ハーバード大学など)、Michael Levitt氏(マイケル・レヴィット、スタンフォード大学)、Arieh Warshel氏(アリー・ウォーシェル、南カリフォルニ大学)の三名に贈ると発表した。


 3人は、化学反応中の複雑な分子構造をコンピューターで表示するプログラムの基礎を作ったことが評価された。酵素タンパク質などの複雑な分子の中で、他の有機物がどの部分に、どのように反応して分解・化合するかを目に見える形でモデル化した。


 残年ながら、日本人の受賞はなかった。日本人では、殺菌や消臭などの環境浄化にも応用されている酸化チタンの光触媒反応を発見した東京理科大学の藤嶋昭学長らの名前が挙がっていたが、惜しくも受賞を逃した。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

電子移動の化学―電気化学入門 (化学者のための基礎講座)
クリエーター情報なし
朝倉書店
鎌田真彰の化学理論化学―合格点への最短距離 (計算問題解法編) (大学受験Do Series)
クリエーター情報なし
旺文社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2013-10-14(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り