2013年ノーベル物理学賞は「ヒッグス粒子」!標準理論の完成を評価

 2013年ノーベル物理学賞

 ノーベル物理学賞が「ヒッグス粒子」に決まった。これは早すぎる受賞だ。なにしろ、発見されたのが昨年、2012年7月4日のこと。そのときの存在確率は「99.9999%」以上であり、さらに実験を進めて確度を高める必要があった。


 東京大や高エネルギー加速器研究機構などの国際チームは、ヒッグス粒子が崩壊して別の素粒子に変わるパターンなどを調べ、質量が陽子(水素の原子核)の約134倍にあたる125.5ギガ電子ボルトと判定。素粒子の自転を表す量「スピン」も理論通り「ゼロ」と確認。


 これらの結果から「学術的に発見が確定した」と結論付け、欧専門誌「フィジックス・レターズB」で公表したのが、昨日(10月7日)のこと。こんなに早いノーベル賞の受賞となったのは、物理学者が100年かけて作り出してきた「標準理論」の17の素粒子のうち、一番最後の素粒子だった「ヒッグス粒子」の発見が確実になったからであろう。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 


ヒッグス 宇宙の最果ての粒子
クリエーター情報なし
講談社
ヒッグス粒子素粒子の世界―科学界最大の関心事が,みるみる理解できる (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)
クリエーター情報なし
ニュートンプレス

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2013-10-13(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り