パンスヘルミア説の復活!地球生命の火星由来説に2つの証拠

 地球生命の火星由来説に2つの新根拠

 スターダスト (Stardust) はアメリカ航空宇宙局 (NASA) のディスカバリー計画による宇宙探査機の一つである。ヴィルト第2彗星とそのコマの探査を目的として1999年2月7日に打ち上げられ、約50億kmを旅して2006年1月15日に地球へ試料を持ち帰った。宇宙塵を地球に持ち帰った最初のサンプルリターン・ミッションである。


 驚いたことにこの彗星の資料からは、生命のもとになるアミノ酸の一種「グリシン」が発見された。地球の生命は、グリシンを含む20種のアミノ酸の組み合わせでさまざまなタンパク質を合成し、生命活動に役立てている。


 こうしたことから、地球の生命の起源は他の天体から飛来したとする「パンスペルミア説」は、長らく議論されてきた。しかし、その多くの場合は否定されてきた。だがこのところ、この学説がにわかに息を吹き返している。


 生命の形成に不可欠ないくつかの物質が、初期の地球には欠けていたが当時の火星には存在した可能性が高いとするそれぞれ別個の研究が、相次いで2件発表された。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 Wikipedia:生命の起源 アイラブサイエンス:パンスヘルミア説は本当?隕石にDNA材料、アデニン、グアニン発見!

地球と生命の起源―火星にはなぜ生命が生まれなかったのか (ブルーバックス)
クリエーター情報なし
講談社
生命の起源 その核心に迫る(別冊日経サイエンス168) (別冊日経サイエンス 168)
クリエーター情報なし
日経サイエンス

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2013-09-13(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り