ロシアでおよそ1万年前のマンモスの死骸から、不凍結の血液採取!

 ロシアで、不凍結のマンモス血液採取

 マンモスというと約400万年前から1万年前頃(絶滅時期は諸説ある)までの期間に生息していた。巨大な牙が特徴で、種類によっては牙の長さが5.2メートルに達することもある。


 現在、温暖化の影響でシベリアの凍土が溶け始めており、その中からマンモスの死骸が出現している。それらは、およそ1万年前に死んだものとみられている。


 ロシア東シベリア・サハ共和国の首都ヤクーツクにあるマンモス博物館は5月31日までに、同共和国北部の北極圏の島で今年5月、凍結状態で見つかったマンモスの死骸から、凍っていない血液とみられる液体を採取したと発表した。


 同博物館のグリゴリエフ館長は「まだ断定できないが、血液である可能性が高い」としており、今後の成分調査を進める。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考HP Wikipedia:マンモス

PAPO (パポ社) マンモス 【55017】 Dinosaurs
クリエーター情報なし
PAPO
北極にマンモスを追う 先端科学でよみがえる古代の巨獣 (角川ソフィア文庫)
クリエーター情報なし
角川学芸出版

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2013-06-09(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り