巨大小惑星(直径2.7キロ)が地球大接近!人類は「地球防衛軍」を組織せよ! 

 地球はこんなに危険な状態

 先日、2月15日、ロシアの都市チェリャビンスクの上空で隕石が落下したと思ったら、5月31日、巨大な小惑星「1998QE2」が、衛星を伴って地球の近くを無事に通過した。580万キロ月の15倍の距離だった。


 驚くのはその大きさ。直径約2.7キロと巨大で、さらに直径約610メートルの衛星を伴っており、地球に衝突すれば世界規模の大惨事となる恐れもあったため、NASAは監視を続けていた。


 これまで接近した隕石が、砂粒に見えてしまうほどの大きさである。今年2月にロシアに落ちた隕石、4月にアルゼンチンに落ちた隕石、5月に月にクレーターを作った隕石の中では、ロシアに落ちたものが最大で、大気圏突入前の小惑星の大きさは約15mほどだったという。


 それと比べ、小惑星「1998QE2」はオドロキの直径約2.7km。ヒットすれば地球は一巻の終わりである。しかし、それほど大きくニュースに取り上げなかったのはなぜだろうか?



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考HP アイラブサイエンス:小惑星衝突を回避せよ

巨大隕石が地球に衝突する日―人類最大の危機を回避するために (KAWADE夢新書)
クリエーター情報なし
河出書房新社
大隕石衝突の現実―天体衝突からいかに地球をまもるか
クリエーター情報なし
ニュートンプレス

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2013-06-08(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り