カメはトカゲに近い動物ではなく、ワニ・トリ・恐竜の親戚だった!

 ゲノム解読から明らかになったカメの進化

 カメの形態上の最大の特徴は、甲羅を持つことである。甲羅は脊椎や肋骨と癒合した皮骨からなる甲板(骨甲板)と、鱗からなる甲板(角質甲板)の2つの甲板で構成される。腹甲の一部は鎖骨や肋骨が変形したとされる。骨甲板と角質甲板の継ぎ目がずれており、強度をあげている。

 アルマジロ、ワニ、カメはどれも鎧(よろい)をまとった陸上脊椎動物だが、カメの甲羅は肋骨や背骨を癒合させて作りあげた特別なものだ。しかも、カメの肩甲骨はヒトと違って甲羅(すなわち肋骨)の内側にあったり、爬虫類に共通してみられる頭蓋骨の孔(側頭窓)が存在しなかったりと、脊椎動物の中でも特異な形態を持っている。


 こうした形態的特徴のため、カメがどういう進化的な起源を持つのか、その形態的特徴をどう進化させてきたのか、論争は長年続いてきた。


 今回、理化学研究所は、カメのゲノム(全遺伝情報)を世界に先駆けて解読し、カメの進化の謎を解明しようと取り組んだ。その結果、爬虫(はちゅう)類のカメが進化的に恐竜や鳥の近縁種であることを突き止め、28日付の米科学誌ネイチャージェネティクス電子版で発表した。カメの進化をめぐる論争に終止符を打つとともに、爬虫類の進化の過程を解明するのに役立つと期待される。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考HP Wikipedia:カメ 理化学研究所:ゲノム解析から明らかになったカメの進化

爬虫類・両生類の飼育環境のつくり方―カエル・トカゲ・カメ・ヘビが暮らすビバリウム
クリエーター情報なし
誠文堂新光社
世界の爬虫類ビジュアル図鑑: カメ・トカゲ・ミミズトカゲ・ヘビ図鑑+人気種の飼育方法
クリエーター情報なし
誠文堂新光社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2013-05-03(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り