小型家電リサイクル法スタート!家電リサイクル法との違い

 小型家電リサイクル法スタート

 2013年4月1日、小型家電リサイクル法がスタートする。この法律の内容はどのようなものなのだろうか?また、これまでの家電リサイクル法とどこが違うのだろうか?


 小型家電リサイクル法は昨年8月に成立したもので、今年4月に施行される。現在リサイクルが義務づけられているエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機以外のほとんどの家電が対象で、消費者は基本的に無料でごみを出せる。対象は携帯電話、デジタルカメラ、パソコン、電気こたつやランニングマシンなど、100品目以上に上っている。


 メーカーなどによる携帯電話やパソコンなどの自主的なリサイクルは従来通り続けられる他、自治体が小型家電を住民から回収し、認定業者が買取り、リサイクルする。


 小型家電には貴金属やレアメタルが含まれているが、これら有用金属は、廃棄物として埋め立て処分されることが多かった。これらを回収し再利用するための法律である。


 回収対象となる小型家電の中でも、携帯電話はインジウムなど20種以上のレアメタルが含まれる上、携帯1万台から50グラムの金が取り出せる。これは天然の金鉱ならば50トン分掘らなければならない量で、「都市鉱山」として有望視されている。



参考HP 環境省:家電リサイクル法 政府広報オンライン:小型家電リサイクル法


続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/

図解 よくわかる「都市鉱山」開発―レアメタルリサイクルが拓く資源大国への道 (B&Tブックス)
クリエーター情報なし
日刊工業新聞社
家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)の解説〈2010年版〉 (経済産業省リサイクルシリーズ)
クリエーター情報なし
経済産業調査会出版部

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2013-04-06(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り