FC2ブログ

東京・上野の国立科学博物館で特別展「ミイラ~永遠の命を求めて~」が開催中

 国立科学博物館で「ミイラ」展


 ミイラとは、人為的加工ないし自然条件によって乾燥され、長期間原型を留めている死体のことである。永久死体であって「枯骸」とも呼ばれる。同様に長期間保全される状態となった死体としては他に、「死蝋」がある。これは、ミイラが主に乾燥によって成立するものであるのに対して、湿潤環境によって成立する永久死体である。


 「ミイラ」とはいったい何なのか?。その謎に科学的に迫る特別展「ミイラ ~ 『永遠の命』を求めて」が東京上野の国立科学博物館(科博)にて2019年11月2日から2020年2月24日にかけて開催されている。特別展「ミイラ」の会場は国立科学博物館 地球館地下1階 特別展示室である。


 国立科学博物館 人類研究部 人類史研究グループ 研究主幹の坂上和弘氏は、今回の特別展について「ミイラに対して一般的に抱かれるイメージの多くは『気持ち悪い』や『怖い』だが、実はすごく壊れやすい。ちょっとでも温度を上げると壊れるくらいもろい。それを守ってきたのはどういった人たちなのか、死とは何か、そういったことを含めて、ミイラというものはいったい何なのかを知ってもらいたい。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 国立科学博物館 https://www.kahaku.go.jp/

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please

関連記事
2019-12-28(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
自然科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ お取り寄せ
グルメ食材 お取り寄せ