FC2ブログ

2018年9月6日「北海道胆振東部地震」発生!逆断層直下型地震、土砂崩れ・液状化現象・ブラックアウト

 2018年北海道胆振東部地震発生


 昔は「地震・雷・火事・おやじ」などと恐ろしいものの代名詞が使われてきたが、今年は「地震・雷・熱波・台風」だろうか?今夏は集中豪雨、熱波などの異常気象、そして台風そしてついに地震まで発生した。さらに火山噴火でも起きればすべての災害がそろいそうだ。


 地震発生前には、日本海を北上した平成30年台風第21号が地震発生前日の9月5日朝にかけて北海道付近を通過し、暴風により道内で6人が負傷、建物の損壊や停電が発生し、鉄道が運休するなど、被害と影響をもたらしていた。


 2018年(平成30年)9月6日3時7分59.3秒(日本時間)に、日本の北海道胆振(ひぶり)地方中東部を震源として地震が発生した。地震の規模はM6.7、震源の深さは37km。最大震度は、震度階級で最も高い震度7で、北海道では初めて観測された。気象庁は同日、この地震の名称を「平成30年北海道胆振東部地震(ひぶりとうぶじしん)」と定めた。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 毎日新聞: https://mainichi.jp/articles/20180909/k00/00e/040/205000c


世界認定 洞爺湖有珠山ジオパークガイドブック
クリエーター情報なし
北海道新聞社
まっぷる 北海道'19 (マップルマガジン 北海道 1)
クリエーター情報なし
昭文社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2018-09-13(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り