FC2ブログ

死者行方不明者200人以上!平成30年7月西日本豪雨は、なぜ長時間、広範囲に被害をもたらしたのか?

 平成30年7月豪雨


 2018年(平成30年)6月28日から7月8日頃にかけて、西日本を中心に北海道や中部地方など全国的に広い範囲で集中豪雨が記録された。台風7号および梅雨前線等の影響により起きた集中豪雨である。7月9日に気象庁が「平成30年7月豪雨」と命名した。


 西日本の広い範囲で、河川の氾濫や洪水、土砂災害などの被害が発生している。2018年7月16日13時45分現在の総務省消防庁による被害状況の集計によると、人的被害は、死者 211名、行方不明者18名、建物被害は全壊401、半壊347、床上浸水9,915棟、床下浸水棟17,008にものぼっている。


 6月29日に発生した台風7号は太平洋高気圧の外側を回り込むように7月4日にかけて東シナ海を北上し、対馬海峡付近で進路を北東に変えて日本海上に抜けたが、太平洋高気圧の影響で梅雨前線が7月2日から5日頃に北海道に停滞し、広範囲で雨量が7月の月降水量の平年値を超えるなどした。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 クローズアップ現代+: http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4156/index.html

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2018-07-18(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り