FC2ブログ

進化するティラノサウルス!北海道で見つかった恐竜化石は中型のティラノサウルス類、巨大化解明に貢献

 ティラノサウルスの進化


 ティラノサウルスといえば、約6850万- 約6550万年前(中生代白亜紀末期)の北アメリカ大陸に生息していた有名な肉食恐竜である。大型獣脚類の1属。


 骨格標本から推定される成体の体長は約11 - 13m、頭骨長は約1.5mで、その体重は概ね5 - 6tと推測されている(体重に関しては異説も多く最低3tから最大9tまで幅がある)。発見されているティラノサウルスの化石はそれほど多くはなく、2001年の時点では20体程度であり、そのうち完全なものは3体のみである。


 ティラノサウルスの祖先はいったいいつ頃出現し、どのように進化したのだろうか?


 2016年3月には、およそ9000万年前、ティラノサウルスの祖先に当たる新種の恐竜の化石が、ウズベキスタンで発見された。体は馬ほどの大きさで、長い脚で走って獲物を追いかけ、鋭い牙で草食動物を捕食していたとみられる。



参考 サイエンスポータル: https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2018/06/20180621_01.html

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2018-07-13(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
自然科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ お取り寄せ
グルメ食材 お取り寄せ