2018年6月18日大阪北部地震は、見えない活断層が原因?もはや日本列島に逃げる場所無し!

 大阪北部地震発生!


 2018年(平成30年)6月18日7時58分頃、日本の大阪府北部を震源として発生した「大阪府北部地震」には驚いた。


 大阪で地震が起きるなんて誰も予想していなかったからである。地震の規模はM 6.1で、震源の深さは13 km。最大震度6弱を大阪府大阪市北区・高槻市・枚方市・茨木市・箕面市の5市区で観測した。


 地震当日の気象庁による記者会見後、時事通信などマスメディア各社は「気象庁が1923年(大正12年)に観測を開始して以来、大阪府で震度6弱以上の揺れを観測したのは初めて」と報道した。



 しかし、あの1995年の阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)では、気象庁の現地調査により大阪府の一部地域(大阪市西淀川区・豊中市・池田市)が震度6であったと判定されており、あれ以来の大地震となった。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 THE PAGE: https://thepage.jp/detail/20180630-00000004-wordleaf

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2018-07-10(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り