FC2ブログ

2018年7月火星大接近、約5760万kmまで近づく2003年以来の天体ショーを見逃すな!

 約2年2か月ぶり火星が最接近


 日が沈みあたりが暗くなると、東の空に赤く明るく輝く星が目に付くようになってきた。この星は何だろうか?


 そう火星である。2018年7月31日、約2年2か月ぶりに火星と地球が最接近する。約5760万kmまで近づき、2003年以来の大接近となる。この前後、夏から秋にかけては、天体望遠鏡で表面の模様を観察する好機である。


 肉眼では2019年の初めごろまで明るく見える。火星がいて座、やぎ座、みずがめ座と星座の中を動いていく様子は、いかにも惑星らしく面白い光景である。月や他の惑星との接近も楽しめる。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 国立天文台: https://www.nao.ac.jp/astro/feature/mars2018/

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2018-07-04(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り