FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

オゾン層破壊物質の放出が増加、東アジアで製造か?PM2.5の問題も深刻年間700万人が死亡

 回復傾向にあるオゾン層


 オゾンホールといえば、フロンやハロンガスが紫外線によって分解(破壊)され、生成した塩素ラジカルが触媒としてオゾンを破壊するために引き起こされると言われている。オゾンが減少すると対流圏に紫外線が到達し、地表へより多くの紫外線が到達することになる。これが、皮膚がんを引き起こしたり、北極や南極の氷が溶け出す原因にもなるといわれている。


 2016年、科学者たちは、地球上の生命を太陽の有害な紫外線から保護するオゾン層が「回復している」ことを確認できたという。チームは自信をもって「オゾンホールが今世紀中ごろまでに塞がらない理由はない」と結論付けた。


 米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究グループが米科学誌サイエンスに発表した。研究グループは、オゾン層を破壊するフロンを規制した国際条約「モントリオール議定書」の効果が出たとみている。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 CNN news: https://www.cnn.co.jp/photo/l/826349.html

(PM2.5対応)快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入
クリエーター情報なし
白元アース
地球は今…〈第1巻〉壊れゆく「オゾン層」 (地球環境ファミリーシリーズ)
クリエーター情報なし
栄光教育文化研究所

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2018-06-11(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。