FC2ブログ

プラスチックを「食べる」酵素、研究室で偶然作成!北極海にも広がったマイクロプラスチック

 世界中に広がったマイクロプラスチック


 太平洋には日本の面積の倍以上の海域に「太平洋ゴミベルト」という、世界でもっとも多くのゴミが漂う海域がある。そこには漁網など大量のプラスチックゴミが含まれている。


 今回、北極海にも海氷中にマイクロプラスチック(微小なプラスチック粒子)が「憂慮すべきほど」蓄積していると警告する研究結果が発表された。地球温暖化で海氷の融解が進むと重大な水質汚染源となる可能性があるという。


 見つかったプラスチック粒子には、レジ袋や食品包装、船の塗料、漁網、合成繊維のナイロンやポリエステル、紙巻きたばこのフィルターなどに由来するプラスチックが含まれていた。



 続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news: http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/042400186/

海洋と生物 215 Vol.36-No.6 2014
クリエーター情報なし
生物研究社
DAYS JAPAN 2017年11月号 (特集シリーズ 「豊かな暮らし」の向こう側 「使い捨て」がもたらす世界 海がプラスチックに支配される日)
クリエーター情報なし
デイズジャパン

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2018-05-12(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り