FC2ブログ

歯が抜けると「肺炎死」のリスクが上がることが判明!歯周病が原因?咀嚼力の低下で、栄養不足?

 高齢者に肺炎が多い理由


 このごろ様々な病気が怖くなってきた。職場で同僚が肺炎にかかった。高齢になると肺炎になりやすいと聞く、その理由は何だろうか?


 肺炎は、平成27年の死亡原因の3位。人数にすると、およそ12万人。その中でおよそ95%が65歳以上の高齢者であるといわれている。その理由はいくつか考えられるが、もっとも分かりやすい理由は、免疫力の低下や、もともと持っている慢性的な疾患の影響である。


 もともとの慢性的な疾患があると、免疫力は常に低下気味となる。慢性的な疾患があると、それに対抗すべく、体はより多くのエネルギーなどを必要とする。さらに高齢になると食事などからエネルギーを上手く取り込むことが難しくなり、免疫力にまでエネルギーが行きわたりにくくなる。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 Yahoo news:https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180414-00083969/

日本人はこうして歯を失っていく 専門医が教える歯周病の怖さと正しい治し方
クリエーター情報なし
朝日新聞出版
誤嚥性肺炎が怖かったら「のど上げ体操」をしなさい
クリエーター情報なし
時事通信社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2018-05-08(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
自然科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ お取り寄せ
グルメ食材 お取り寄せ