FC2ブログ

「電気飛行機」の時代が2045年にやってくる?バッテリーの技術が進歩、NZでは「空飛ぶタクシー」

 「空を飛ぶ」人類のあこがれ


 人類は古くから空を飛ぶことにあこがれを持っており、1490年ころレオナルド・ダ・ヴィンチがヘリコプターのような航空機のスケッチを残す。ダ・ヴィンチは他にもパラシュートやオーニソプターの研究もしている。さまざまな飛行機械の構想が立てられたものの、実際にはじめて空を飛ぶ機械が発明されたのは1783年のことだった。


 フランスのモンゴルフィエ兄弟がこの年熱気球を発明した。しかしこれは空中を自在に動くというわけにはいかず、その後も動力によって空中を飛行する機械の開発は進められた。1903年にはアメリカ合衆国のライト兄弟が動力によって飛行する、いわゆる飛行機を発明し、以後航空機は急速に発達した。


 ライト兄弟のライトフライヤー号は、一般に「世界で初めて飛行に成功した航空機」とされることが多いが、これより以前にも気球やグライダーなどの意図的な有人飛行、1852年のアンリ・ジファールによる飛行船などの動力飛行の前例は存在する。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 ITmedia: http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1711/06/news094.html

眠れなくなるほど面白い 図解 飛行機の話
クリエーター情報なし
日本文芸社
Newton別冊『飛行機のテクノロジー』 (ニュートン別冊)
クリエーター情報なし
ニュートンプレス

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2018-05-02(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
自然科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ お取り寄せ
グルメ食材 お取り寄せ