FC2ブログ

不思議?宇宙創成の謎に迫る「光を物質化」する実験開始 ! 「ブライト-ホイーラー過程」を立証

 創世記


 宇宙の始まりはどうなっていただろうか...?旧約聖書の創世記を見てみよう。


 第1章 1:1はじめに神は天と地とを創造された。 1:2地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。 1:3神は「光あれ」と言われた。すると光があった。 1:4神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。 1:5神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。


 1:6神はまた言われた、「水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ」。 1:7そのようになった。神はおおぞらを造って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた。 1:8神はそのおおぞらを天と名づけられた。夕となり、また朝となった。第二日である...。



 何かを象徴するような言葉が続く「聖書」は現実離れしているようだが、スケールの大きな世界を表しているところが興味深いと思う。それが正しい宗教であり、スケールが大きく、世界のあらゆる現象を説明し、人々を正しい方向へ導こうとしていると思う。


 聖書では神が初めに「光あれ」といってから、海や空や大地、動物やヒトなど、様々な物質ができたことになっている。これを物理学の世界では「光の物質化」という。


 今回、英国インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL)などの研究チームは、光が相互作用して物質化する「ブライト-ホイーラー過程」と呼ばれる現象を実証するための実験を開始すると発表した。


続きはこちら→ http://sciencejournal.livedoor.biz/

参考 マイナビニュース : https://news.mynavi.jp/article/20180402-610233/

ヒッグス粒子とはなにか 素粒子物理とヒッグス粒子の世界を追う (サイエンス・アイ新書)
クリエーター情報なし
SBクリエイティブ
クオンタムユニバース 量子 すべては近似にすぎないのか?
クリエーター情報なし
ディスカヴァー・トゥエンティワン

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please

関連記事
2018-04-26(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り