FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

脳に入る寄生虫が温暖化で北上中!カタツムリに注意!決して生では食べず、生野菜はよく洗い、水筒のふたは閉めること

 ロイコクロリディウム


 カタツムリといえば、見ていてとても心が和む可愛い虫だが、フランスでは高級食材エスカルゴになる。これだけならある程度大きなカタツムリならば食べることができるように感じるだろう。しかし、実際に野生のカタツムリを食べるのは非常に危険だ。


 エスカルゴのように食用のカタツムリは専用の施設で飼育され、育成に使用される餌も清浄なものが使用されている。 飼育施設を使用することで、ある程度環境に左右されずに安定した数のエスカルゴを確保することが最も大きな目的であるが、それだけではなく、綺麗な餌を与えることでカタツムリの体内に寄生虫などを溜めないことで安全を確保することが目的でもある。


 仮に野生のカタツムリを食べようと考えた場合には、恐ろしい寄生虫が宿ることもある。例えば、ロイコクロリディウムという虫がいるが、この虫がカタツムリに寄生することがある。では、このロイコクロリディウムについてどんな特長があるかというと...。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news: http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/032000125/

寄生虫のひみつ (サイエンス・アイ新書)
クリエーター情報なし
SBクリエイティブ
寄生虫ビジュアル図鑑: 危険度・症状で知る人に寄生する生物
クリエーター情報なし
誠文堂新光社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2018-04-09(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。