FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

さよならホーキング博士、スケールの大きな宇宙的知性で社会への警鐘鳴らす!博士の正体は宇宙人?

 宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士


 宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士が3月14日に死去した。享年76。ホーキングさんは1942年、英・オックスフォード生まれ。1959年に英・オックスフォード大学に入学。その後、ケンブリッジ大学で博士号を取得。1963年に21歳で「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と診断された後は車椅子の使用を余儀なくされ、会話には音声合成装置が必要な生活を送っていた。


 ALSと闘いながら研究を続け、1974年には、ブラックホールがエネルギーを放出し消失すると提唱、その現象は後に「ホーキング放射」と呼ばれるようになった。また同年、史上最年少の32歳で英国王立協会の会員となった。1979年に、アイザック・ニュートンも務めた由緒あるケンブリッジ大のルーカス教授職に就任。


 1988年に出版された「ホーキング、宇宙を語る(A Brief History of Time)」は1000万部を超えるベストセラーとなった。アインシュタイン以来の偉大な物理学者とも呼ばれた「車椅子の物理学者」は、相対性理論と量子力学を結合させた宇宙物理学の先駆者として、宇宙の起源やブラックホールなどの研究を続け、現代宇宙論に大きな影響を与えてきた。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news:http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/031600121/

宇宙への秘密の鍵
クリエーター情報なし
岩崎書店
ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで (ハヤカワ文庫NF)
クリエーター情報なし
早川書房

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2018-04-07(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。