FC2ブログ

およそ6万5千年前、世界最古の洞窟壁画は衝撃的!古代人は現代人と同じ知性を持っていた

 洞窟壁画は後期旧石器時代、クロマニョン人の作品


 洞窟壁画(Cave painting)というとフランスのラスコー洞窟やスペインのアルタミラ洞窟を思い浮かべるが、他にも多数見つかっている。これらの壁画が描かれたのは、ラスコーで20,000年前、アルタミラでは約18,500年前~14,000年前頃、両方とも後期旧石器時代、クロマニョン人によって描かれたものと考えられる。


 後期旧石器時代は、約4万年前~約1万年前の時代で、石器が急速に高度化、多様化した時代。このような技術革新の原動力を言語に求める説もある。クロマニヨン人(ホモ・サピエンス)が主流となり、他の化石人類は急速に姿を消した。


 現存する人類最古の絵画である「壁画」は4万年前の後期旧石器時代より製作されている。これらは社会的に敬われていた年長者や、シャーマンによる作品であると広く一般に信じられてきた。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/

参考 National Geographic news: http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/022600087/

旧石器時代の考古学 (シンポジウム 日本の考古学)
クリエーター情報なし
學生社
列島の考古学 旧石器時代
クリエーター情報なし
河出書房新社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please

関連記事
2018-03-23(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
自然科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ お取り寄せ
グルメ食材 お取り寄せ