FC2ブログ

太陽光発電ついに「グリッドパリティ」に到達!2019年「FIT」終了後は蓄電・自家消費時代へ

買取価格引き下げ、補助金頼みの事業はもう限界


 住宅用太陽光発電は2019年問題が目前に迫る。産業用も自家消費が得する時代が来る。太陽光発電の固定買取制度が始まったのが2009年11月1日からであった。当時住宅の2%程度であった住宅用太陽光発電が、7%にまで上昇してきている。


 「もはやFIT頼みでは太陽光発電事業は続かない」。昨年から業界関係者の間ではそんな声が多かったが、いよいよそれが現実化しつつある。


 2月7日、2018年度の再生可能エネルギー(再エネ)の固定買い取り価格の値下げが決まった。FITとは再エネの固定価格買い取り制度のことで、太陽光や風力などで発電した電気を、電力会社が一定期間同じ価格で買い取る制度だ。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 サイエンスポータル: http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2018/02/20180219_01.html

シャープ ポータブルリチウムイオン蓄電池SUNVISTA JHAB03
クリエーター情報なし
シャープ
ECO-WORTHY 単結晶400W 太陽光発電ソーラーパネル+45A PWM + 30Ft MC4 コネクター+Z取付金具
クリエーター情報なし
ECO-WORTHY

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2018-03-16(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
自然科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ お取り寄せ
グルメ食材 お取り寄せ