FC2ブログ

7300年前に「破局噴火」!海底「鬼界カルデラ」の内側に、世界最大級の溶岩ドームができていた!噴火の可能性は?

 過去何度も起きている「破局噴火」とは何か?


 噴火の種類に「破局噴火」というものがある。7000年~1万年に1回程度起きる巨大噴火のことだ。


 破局噴火とは、地下のマグマが一気に地上に噴出する壊滅的な噴火形式で、しばしば、地球規模の環境変化や大量絶滅の原因となる噴火である。時には「近代国家が破滅する規模の爆発的巨大噴火」のことをいう。学術用語としてはウルトラプリニー式噴火(Ultra Plinian)、大規模なカルデラの形成を伴うことからカルデラ噴火と呼ぶ場合もある。また、このような噴火をする超巨大火山をスーパーボルケーノ(英語: Supervolcano)と呼ぶ。


 「破局噴火」という言葉は、もともと石黒耀が2002年に発表した小説『死都日本』のために考案した用語である。 作中の設定では、南九州の加久藤カルデラが約30万年ぶりの超巨大噴火を起こし、これを「破局噴火」と呼んでいる。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/

参考 サイエンスポータル: http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2018/02/20180216_01.html

死都日本 (講談社文庫)
クリエーター情報なし
講談社
日経サイエンス 2015年 04月号
クリエーター情報なし
日本経済新聞出版社

人気ブログランキングへ ←One Click please

関連記事
2018-03-12(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
自然科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ お取り寄せ
グルメ食材 お取り寄せ