FC2ブログ

パーキンソン病にカフェインが効く!血中濃度不足で発病、パーキンソン病の予防法とは?

 パーキンソン病はどのような病気?


 人間のあらゆる機能を統制する役割を担うのが脳である。脳内では、神経伝達物質が細胞間の情報伝達を介在しているが、パーキンソン病を発症すると、脳内の快楽物質とも呼ばれる神経伝達物質「ドーパミン」が減少し、それによって体の運動機能に障害が出るとされている。


 パーキンソン病の症状の原因と考えられているドーパミンの減少は、中脳の中にある「黒質」と呼ばれる部分で起こる。パーキンソン病の原因ははっきりと解明されていないが、黒質の中のドーパミン神経が変性して剥がれ落ち、その部分に異常なタンパク質が集まることが確認されている。


 加齢に伴って発症しやすくなるが、働き盛りの若いうちから発症する患者さんもいる。黒質のドーパミン神経は脳の中の線条体と呼ばれる場所にドーパミンを供給する役割を持っている。パーキンソン病の患者はドーパミン神経の脱落のために線条体のドーパミンが枯渇した状態になっている。このため、パーキンソン病の症状は本質的にはドーパミン欠乏症状と考えられている。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/

参考 サイエンスポータル: http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2018/01/20180105_01.html


1日3杯のコーヒーが人を健康にする!
クリエーター情報なし
PHP研究所
決定版 お茶大図鑑―日本茶・紅茶・ハーブティー・中国茶・健康茶・コーヒーのすべて (主婦の友新実用BOOKS)
クリエーター情報なし
主婦の友社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please

関連記事
2018-01-19(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
自然科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ お取り寄せ
グルメ食材 お取り寄せ