FC2ブログ

第67回ノーベル化学賞 アイゲン・ノーリッシュ・ポーター「短時間エネルギーパルスによる高速化学反応の研究」

 高速化学反応の分析法


 化学反応には速く起こるものと、ゆっくり起こるものがある。鉄の腐食はさびができる反応であり、遅い反応である。木の燃焼などは反応速度の速い反応である。ゆっくりとした反応では、反応の途中にできた物質をゆっくり確認できるが、高速反応の途中にできる中間物質はどのように調べればよいのだろうか?


 現在、高速反応中にできる化学物質は短パルス光を当て、光分析機器(分光光度計)で、化学物質の光吸収(吸光光度計)や 発光の強度を測定することで調べることができる。この光化学分析法を開発した研究が1967年のノーベル化学賞を受賞した。


 1967年のノーベル化学賞の受賞理由は「短時間エネルギーパルスによる高速化学反応の研究」である。これは分子化学の研究領域で「反応速度論」「反応動力学」と呼ばれる領域の化学賞となった。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/

参考 Wikipedia: https://ja.wikipedia.org/wiki/マンフレート・アイゲン

反応速度論 第3版
クリエーター情報なし
東京化学同人
数学いらずの化学反応論―反応速度の基本概念を理解するために
クリエーター情報なし
化学同人

人気ブログランキングへ ←One Click please

関連記事
2018-01-16(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り