FC2ブログ

深海の食物網でクラゲが重要な構成要素と判明、クジラの死骸、熱水噴出孔には不思議な生物群

 深海という生態系の食物連鎖


 一般に深海とは200m以上の水深の海を呼ぶ。そして、水深200~1000mを中深層、水深1000~3000mを漸深層、水深3000~6000mを深海層、水深6000~以深を超深海層などと呼ぶ。


 深海には光も達せず、高水圧と低水温の厳しい世界である。しかし地球上の海の93%は200m以上の深海であり、海の平均水深は約3800mである。深海の生物圏は広大であり、地球上最大の広さを持っている。


 深海はその環境が過酷なために、そんなに生物は存在しないと考えられてきた。ところが、科学技術の進歩によりすべての深海には多数の生物が生息している事が分かった。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/

参考 National Geographic: http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/122000494/

ジェームズ・キャメロン 深海への挑戦 (字幕版)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
カレンダー「深海生物図鑑」2018年版
クリエーター情報なし
日宣テクノ・コムズ

人気ブログランキングへ ←One Click please

関連記事
2018-01-14(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
自然科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ お取り寄せ
グルメ食材 お取り寄せ