祝!「神宿る島、宗像沖ノ島関連遺産群」 世界遺産登録!日本人のルーツを知る古代遺跡

 「沖ノ島」8つの構成資産すべてを世界文化遺産に登録


 沖ノ島(おきのしま)は4世紀から9世紀の間の古代祭祀の変遷を示す考古遺跡が,ほぼ手つかずの状態で現代まで残されてきた。沖津宮,中津宮,辺津宮の古代祭祀遺跡を含むこれらの三つの場は,宗像大社という信仰の場として現在まで続く。18世紀 までに成立した沖津宮遙拝所は,上記で述べたような沖ノ島を遥拝する信仰の場である。そして,その信仰を担い育んだ宗像(むなかた)氏の存在を物語る資産が,新原・奴山古墳群である。


 ポーランドで開かれているユネスコの世界遺産委員会は、福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」について、「航海の安全を願う信仰が古代から続くことを示し、価値が高い」としたうえで、日本が推薦していた8つの構成資産すべてを世界文化遺産に登録することを決めた。


 ポーランドのクラクフで開かれているユネスコの世界遺産委員会は、7月9日、福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」について審議を行い、全会一致で世界文化遺産に登録することを決めた。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 毎日新聞: 世界遺産:宗像・沖ノ島 全8資産登録決定

宗像大社・古代祭祀の原風景 (NHKブックス)
クリエーター情報なし
NHK出版
まるっと宗像・福津 (外戸本増刊号)
クリエーター情報なし
文榮出版社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2017-08-05(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り