猪・鹿・猿・熊...拡大する野生鳥獣の被害!対策の切り札は「オオカミ」そして「ジビエ」食文化導入

 野生鳥獣による被害の概況


 野生鳥獣による被害が深刻だ。 野生鳥獣による農作物被害額は、平成21年度以降は200億円を上回っている状況。被害のうち、全体の7割がシカ、イノシシ、サルによるもの。特に、シカ、イノシシの被害の増加が顕著で、平成26年度に成立した改正鳥獣保護法によりシカの捕獲目標が約倍となった。


 さらに、鳥獣被害は営農意欲の減退、耕作放棄地の増加等をもたらし、被害額として数字に現れる以上に農山漁村に深刻な影響。 鳥獣被害が深刻化している要因としては、鳥獣の生息域の拡大、狩猟による捕獲圧の低下、耕作放棄地の増加等が考えられる。


 森林被害面積は、近年約5~7千haで推移。213億円森林被害(平成21年度は約6.1千ha) シカ、カモシカ等による幼齢木の食害、シカ、クマ等による樹皮剥ぎ被害などが多く、シカによる被害が全体の約7割を占める。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 産経新聞: 獣害対策の切り札は「オオカミ」絶滅種の復活を本気で目指す団体

オオカミが日本を救う!: 生態系での役割と復活の必要性
クリエーター情報なし
白水社
ジビエを食べれば「害獣」は減るのか―野生動物問題を解くヒント
クリエーター情報なし
八坂書房

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2017-06-29(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り